大連基本情報

大連概説
  • 大連概説

  • 面積:13237平方キロ 。地理位置:遼東半島の最南端に位置し、東側に黄海、西側に渤海、南は海隔てて山東半島を望む。 人口:670万 市花:月季民族:漢族、満族、朝鮮族など。...  詳細ページ
大連旅順口区
  • 大連旅順口区

  • 旅順口区は遼東半島の南端に位置する、大連市内より西25キロ離れている、人口20万人の港町である。旅順港の入り口は左右から半島が伸びていて、わずか250メートルある狭い海峡となっている。湾内の水深が深い、港の背後は山で囲んでいるので、軍事的に利用しやすい場所のため、古代から軍事拠点となっている。遼東半島対岸の山東半島と共に北京の海上通路を守ることになる。その...  詳細ページ
大連歴史を語る
  • 大連歴史を語る

  •  大連市は昔三山と呼ばれ、唐代には三山浦、明清時代には三山海口、青泥窪口と称した。1880年に清朝が大連湾北岸に砲台を築き、ようやく都市が形成され始めた。日清戦争後の1898年、三国干渉の代償として、清から関東州(大連、旅順など)を租借したロシアが、東清の終着駅を設け「ダーリニー」(遠い)と名づけた。旅順にある艦隊と要塞の物資をまとめるため、また貿...  詳細ページ
大連の気候
  • 大連の気候

  • 大連は温帯半湿潤のモンスーン気候で、海洋性気候の特徴も併せ持っている。冬の厳寒、夏の酷暑はなく、生活する環境として非常に優れている。北半球の中緯度地帯に位置するので、太陽の日差しも1年を通して比較的よく入る。一方は山に、三方は海に面しているという地理環境の影響を受け、四季がはっきりしている、気候が温和、空気が湿っている、風力が大きいことが大連の気候...  詳細ページ
大連地理情報
  • 大連地理情報

  •  大連市はアジア大陸の東海岸に位置し、中国東北遼東半島の最南端にあり、東経120度58分から123度31分、北緯38度43分から40度10分に跨り、東は黄海、西は渤海、南は山東半島と海を隔てて向かい合い、北は広大な東北平野に隣り合っている。大連は東北、華北、華東地域が世界各地と繋がる海上の門口であり、最も重要な港、貿易、工業、観光都市である。...  詳細ページ
大連の教育と学校
  • 大連の教育と学校

  • 全市に一般の大学の21所(他に2級の民営学院の8所がある)、中等の職業学校113所、一般の高校80所、9年制義務教育段階の学校1072所、幼稚園1480所ある。各級各類の学校(幼稚園を含む)には在校生が111.9万人である。...  詳細ページ
大連役立つ電話
銀行情報と人民元兌換
  • 銀行情報と人民元兌換

  • 中国には五大国営銀行があり、「中国銀行」、「中国工商銀行」、「中国建設銀行」、「中国交通銀行」、「中国農業銀行」である。民営銀行には、「中国招商銀行」、「中国民生銀行}、「浦東発展銀行」「深発展」なども挙げられる。ローカル銀行で「大連銀行」もあり、昔の大連商業銀行だった。...  詳細ページ
大連タクシー情報
  • 大連タクシー情報

  • 大連のタクシー基本料金は10元(3キロ以内)です、22:00ー05:00間は13元です、市内は広くないので、20元ぐらいで基本的どこへ行っても可能です。市内の場合、どれもメーターを使いますので、安心して乗れます。また、支払いはなるべく小銭を用意しておいた方が良いです、100元札だったら時々おつりに困る場合があります。...  詳細ページ
大連周水子国際空港
  • 大連周水子国際空港

  • 周水子空港は大連市西北部25キロ離れたところに位置し、東北地方にある四大空港の1つである。もともと軍用空港で、1972年10月からに民用空港となり、現在は大連国際空港となっている。国内外航路130余り開通し、その中、国際線50便以上ある。日本、韓国、ロシアそしてヨーロッパ、アメリカ、オーストラリア、アジア諸国へのフライトがある。2011年、空港拡大工事が進められ、滑...  詳細ページ
大連駅
  • 大連駅

  • 大連駅は大連の都心部にあり、瀋陽、長春、北京方面への旅客列車の起点です。南口にある駅舎は、日本の統治時代の1937年(昭和12年)に建てられ、上野駅と似ています。設計者は南満州鉄道の太田宗太郎です。2階が出発、1階が到着と空港のような造りです。2000年に作られた北口には、開発区へ行く軽軌の駅と凱旋広場があります。...  詳細ページ
大連北駅
  • 大連北駅

  • 大連北駅は市内の大連駅より13キロ離れる北方面にあり、高鉄(新幹線)専用の駅です。瀋陽、長春、ハルピン方面行きの高鉄は一部大連駅始発除き、北駅発が多いです。夏場は高鉄の時速が300キロで、瀋陽まで1.5時間、長春まで3時間、ハルピンまで4時間かかります、また、冬場は時速200キロに下がりますが、それぞれ2.5時間、4時間と5.5時間かかります。市内から大連北駅へ行くには...  詳細ページ
大連港
  • 大連港

  • 大連港は遼東半島の南端、東北部の玄関口に位置しています、中国3大良港の一つ(上海港、天津港)です。冬も凍らなく、天然の好条件を有することから、1898年からロシアより建設が始まりました。今は中国第3位の貨物取扱を誇り、東北部の海の玄関口となっています。年間貨物取扱量は7,000万トンあり、中3,500万トンは日本との貿易です。東北地区を貫くハルピン/大連間の鉄道と...  詳細ページ
大連長途バス情報
  • 大連長途バス情報

  • 大連から地方都市へ行くバスは大連駅の始発が多いです、瀋陽、営口市などへの高速バスは毎日百数台に達しています。大連ー瀋陽間は4時間、大連ー長春間は8時間、それから撫順、本渓、鞍山、遼陽、営口、錦州などへ行くバスが全部大連駅南口から出発しています。バス会社としては虎躍バス(ラマダホテル向かい側)、栄昌高速バスなどがあります。大連瀋陽間は1時間ごとに出てい...  詳細ページ
金石灘方面快速電車
  • 金石灘方面快速電車

  • 金石灘方面快速電車は軽軌3号線と呼ばれる。2002年11月8日から運営始めた。大連市街区から経済技術開発区と金石灘へ行くにはとても便利。大連駅から金石灘まで、全線49.15キロ、沿線停車駅:大連駅—香炉礁—金家街—泉水—後塩—大連湾—金马路—開発区—保税区—双D港—小窑湾—金石灘。大連駅の発車時刻は朝6:00―夜18:30、片道運行時間は52分、20分おきに発車している。車...  詳細ページ
大連高新園区
  • 大連高新園区

  • 大連高新技術産業園区略称大連高新園区と言い、ハイテク産業区のことです。1991年3月に中央政府から許可得て、設立された「国家級ハイテク産業園区」です。開発総面積は35.6平方キロ、七賢嶺産業化基地、海外留学生創業園、ソフトウェアパーク、旅順南路ソフトウェア産業帯などに分けています。欧米や日本、韓国、台湾、香港から外資系企業が進出しています。ITソフトウェア開発...  詳細ページ
旅順方面快速電車
  • 旅順方面快速電車

  • 旅順への軽軌電車は「202号延伸線」と呼ばれる、始発は「菜大嶺」駅、終点は「旅順新港」駅、朝08:00から夕方18:00まで運行しています。途中駅名:菜大嶺、黄泥川、竜王塘、塔河湾、旅順、鉄山、旅順新港、チケットは2元から7元。まだ市内と繋がってないないので、乗客が少ない、それでも40分おきに発車している。始発の「菜大嶺」駅へ行くには、和平広場より2号バス通ってい...  詳細ページ
大連の地下鉄
  • 大連の地下鉄

  • 現在大連の地下鉄は2号線だけ完成している。2号線の第一期区間として、大連国際空港駅から国際会議中心駅まで24.5キロ開通している。空港から市内入るには便利である。市内から空港へ途中17駅ある:国際会議中心、港湾広場、中山広場、友好広場、青泥窪橋、一二九街、人民広場、聨合路、西安路、交通大学、師範大学、馬欄広場、湾家、紅旗西路、虹錦路、虹港路、空港駅の17駅。...  詳細ページ
  • 大連金普新区

  • 大連金普新区は2014年6月23日に中国中央政府の許可を得て、設立した国家レベルの新区である。金州区、開発区、保税区と普湾新区を合併した新区である、総面積は2299平方キロあり、経済総量は上海浦東新区と天津浜海新区に次いで、中国の11の開発区新区の中で第3位になる。大連金湾新区は中韓貿易城建設の計画を実施、中日韓自由貿易区の目標を設立している。...  詳細ページ
  • 大連環城観光バス

  • 夏では、観光客のために用意した大連環城観光バスが毎年の5月から10月末まで開通している。始発は大連駅で、途中には中山広場、港湾広場、記者林、棒垂島、棒垂島前、石槽、漁人埠頭、虎灘楽園、鳥語林、北大橋、燕巣嶺公園、小付家荘、付家荘公園、森林動物園、貝殻博物館、星海湾会展中心、人民広場、大連駅。チケット代:10元(一駅から一周り、料金同一)。...  詳細ページ
全部21件  1/1ページ   第一ページ   前へ    次へ   最後のページ

レストラン | 宿泊 | 観光案内手配 | 観光名所 | ショッピング | マッサージ | クラブ

会社紹介 | サイト利用規約 | プライバシーポリシ| よくある質問| お問い合わせ

Copyright©2008 dlachikochi.com All Rights Reserved. Optimized for1024x768 to Firefox, MS-IE6 IE7.